婚約指輪の地金について

婚約指輪と言えば、婚約の証に贈る指輪で、人気なのはダイヤモンドの指輪なのですが、ダイヤモンドを支える土台となる地金というのは、どの様な物を選べば良いのでしょうか?

婚約指輪でダイヤモンドのデザインとなれば、最も多く見られるのがプラチナの地金です。

プラチナは白金ともいわれるだけあって、白く上品な輝きのある地金です。

もっとも硬く、加工しやすいこと、変形しにくいこと、変色しにくいことなどで耐久性があることから、結婚指輪と同様に多く選ばれ、特に日本人には人気があります。

また、プラチナというのは海外の高級ブランドの何代目かの代表が最もダイヤモンドを引き立てることができると言ったのが有名であり、実際にダイヤモンドの美しい輝きはプラチナを相まって、お互いを引き立てることができます。

婚約指輪の地金で最近人気がでてきているのがゴールドです。

ゴールドは日本人の肌の色には少し派手目であることから、プラチナよりも人気がでづらかったのですが、最近では日本人のファッション感覚なども変わってきたことなどもあり、ゴールドに注目が集まっているのです。

ゴールドの中でも銅が混ぜられている金のピンクゴールドが特に人気があります。

ピンクゴールドはゴールドに比べて派手さが控えめで日本人の肌にも違和感なくフィットするなどが人気の理由でしょう。

ゴールドは、ホワイト、イエローなどとカラーゴールドがあることで、カラーコンビネーションのデザインを楽しむことができます。

三色のコンビネーションは品があって個性的な雰囲気があります。



Comments are Closed