婚約指輪の渡すタイミング

婚約指輪の渡すタイミングは、いつなのかということで、結構、困っている人がいます。

そもそもその前に、結婚する意思の確認が必要なことは誰でもわかっているかと思います。

とすれば、その前に前振りの段階でやることがあります。

そうです、お見合いならともかく、恋愛で結婚をするカップルにとって、まずは、両親に合わせることでしょう。

このタイミングも難しいのですが、日ごろの会話の中から自分に対して、本気かどうかの意識の確認を行い、その日を決行する日を決めることです。

そのあとに両家のご両親に会うという算段になるかと思います。

ここで両親にいろんな理由で会わないとなると問題です。

この前振りがまずは肝心です。

その後に、結婚についての具体的な話へと進んでいくのが普通のようです。

そんな前振りをしてから、再度、結婚についてどうなのかということを日ごろの会話から察しないといけません。

これもタイミングが必要で、その相手のしぐさや口調である程度はわかるはずです。

そんな感じで進んくると周りからの結婚についていろんな言葉が飛び交います。

そこで木が熟してきたなら相手もその気になっていることがわかりますので、婚約指輪を買いにいくことになり、それで渡すタイミングが確立するということになります。

突然渡すのもいいのですが、人の気持ちというのは、難しいところがあり、失敗することも多くあります。

ひとつひとつ段階を踏みながら、お互いの気持ちを確認しながらを繰り返した後に、渡すことがどちらも悲劇にならないことにつながります。



Comments are Closed